2014年04月20日

オムツケーキ

以前お世話になっていた中国語の先生がお母さんになりました〜
元クラスメイト達で集まってお祝いをしようという事になり
見よう見まねで《オムツケーキ》作成
日本から材料持ち帰ってきてくれた友達に感謝猫
001.JPG
まずは紙おむつを1つずつ包んでいきます。
赤ちゃんの物なので衛生面に気を使います
こうして1つずつ包んでおけば外出先でも使えるかな〜なんて。
002.JPG
土台は友達が巧みな技を披露ぴかぴか(新しい)
ホチキスでこんな事が出来るなんて凄い!
彼女はこの後、紙袋も解体して円形に作り直してくれましたわーい(嬉しい顔)
004.JPG
1段目無事完了!
真ん中の芯には未使用のサランラップと赤ちゃんの肌着
なるべくゴミを出さず使えるもので作る。
006.JPG
そんなこんなで何とか形になりました〜
あまった紙おむつも個別包装して一緒にラッピングexclamation
先生喜んでくれるかな〜

実は最初、皆との待ち合わせや連絡事項などもうまく行かず
初めて作るものでもあったので少しイライラ、ピリピリしながらのSTARTだったのですが作り始めるとあら不思議めっちゃ楽しくなってきた
赤ちゃんの物に携わる事で心が浄化できたのでしょうか?
ほぼ形が出来たのにもっとやりたくて仕方なかった(笑)
56868.jpg
仕上げは今日来れなかった方と友達が完成させてくれて先生の家に届けてくれました家
私も赤ちゃん会いたかったな〜
後日先生からもう少し落ち着いたら会いましょうとLINEと写真を頂きましたカメラ
ありがとうございます☆

それにしてもオムツケーキ作り楽しかったな〜
また機会があれば作りたいものです

シンセンには今、若い世代の奥様がだいぶ増えた様に思います。
お知り合いも若い世代の方が多くなってきた。
皆さんのご出産を材料揃えて待っておりま〜す
posted by 灰 太郎 at 17:32| Comment(0) | シンセン その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

大芬油絵村

寒空の中、行って来ました《絵画村》へ
正式名称は大芬油画村って言うんですね〜
最寄り駅は竜崗線の大芬駅。
002.JPG
通りに入ってすぐ圧倒exclamation
噂には聞いていたけどこんなにいっぱいあるんですね〜
両サイドに絵を売っているお店がズラリと並びます。
003.JPG
絵画以外にも筆や絵の具など道具も売っています。
こちらは書道の道具屋さん
何だか揃えたくなってしまいます
005.JPG
コピーが多いのかと思ってましたが意外とオリジナル作品書いてる方が多い印象
お店ごとに雰囲気が違って素敵!
一緒に行った友達2人はそれぞれ好みの作品を購入
私は・・・また次回にでも目
007.JPG
古い建物も多く歩いているだけでも楽しい♪
ここも素敵な空間でした
写真上手く撮れなかったけど
一番奥は壁がくり抜いてあってお庭の景色が絵画の様に見える仕掛けに!
010.JPG
近くの美術館も気になってのでまた行ってみたいな〜

でもこの日一番ツボだったのは帰りに友達が買った《ひょうたん》w
あれどうしたんだろ〜
今度聞いてみよう
posted by 灰 太郎 at 15:19| Comment(0) | シンセン その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

お見舞い

出張後インフルエンザにかかりしばらく会社を休んでた夫猫
微熱はあるけど食欲もあるし、いたって元気
早く良くなるといいね〜ぴかぴか(新しい)

そんな中、会社の中国人STAFFがお見舞いに来てくれました。
意外と人見知りの私あせあせ(飛び散る汗)
夫の会社の人に会うと緊張して何も喋れません。
でも彼は何だかのほほんとしていて好きなんですかわいい

マンションの前に着いたと連絡が来てから30分
なかなか現れません!
きっとお見舞い品を用意してくれてるんだろうと気長に待つ家
中国人の子の選ぶものはどんなのなんだろうとちょっと楽しみでもある。

そして3種類持ってきてくれました。
選ぶの大変だったらしいプレゼント
ありがと〜う!
001.JPG
まずは《箱入りクッキー》
これは予想通りダイヤ
季節柄、月餅っぽいの買ってくるだろうな〜と思ってました。
002.JPG
お次はビックリ《牛乳1ダース》
早く良くなって欲しいという気持ちが伝わって嬉しいわーい(嬉しい顔)
さっそくポタージュスープに使いましたよ〜
003.JPG
最後は《たくさんのフルーツ》
先日の桃とブドウもまだいっぱいあるからこれはじゃんじゃん食べなくてはexclamation
ブドウは一部冷凍していただこうっと。

シンセンに来て思う事は中国人もいい人もいれば悪い人もいる猫
これは日本人も同じですよね。
報道に惑わされずに丁寧に接したいと思いましたリボン

最後に
心配してくれた日本の家族、友達
シンセンの友達、皆さんありがとう黒ハート
posted by 灰 太郎 at 19:03| Comment(0) | シンセン その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。