2014年05月09日

台北行って来た。つづき

3日目
台北駅から八堵駅まで行き、待ち時間に平渓線の1日券購入。
そこからローカル線の旅STARTです手(パー)
まずは《菁桐駅》へ。ここは古い駅舎と鉄道博物館があります。
線路の横に願い事を書いた竹筒がいっぱい!
天燈にもそれぞれの思いを書き、空に放ちます。
S__704515.jpg
お次は《十分駅》へ。
台湾のナイアガラと言われている十分大滝。水量すごいです!マイナスイオン出まくりだ

最後は《侯硐駅》へ。
ここは通称猫村と呼ばれていて100匹以上の猫が暮らす村。
S__712711.jpg
至る所に猫がいて毛色も性格も様々猫
近寄ってくる子、警戒心の強い子、皆可愛い。
特に真ん中の写真の子は実家の猫に似ていて萌え〜でした!

ローカル線の旅を楽しんだ後は瑞芳駅からバスで《九份》へ
この場所に夕方から来るのはほとんど日本人と聞いていた通り日本人だらけでした(笑)
やっぱり千と千尋の神隠しのモデルとなった茶館は夜見たいよね
夕飯は阿妹茶楼向かいの悲情城市で。
S__712707.jpg

4日目
忠孝敦化駅の《高雄五福鲜虾扁食》で朝ごはん。
ここは海老ワンタン麺が有名みたいるんるん

その後は街をブラブラして
雙連駅から迪化街の永久號でからすみ、茶樂樓で台湾茶を購入。
お昼は懐かしの銀だこ。時間はかかったけど日本と同じ味。美味しいな

お次は忠孝復興駅に移動して《微風廣場》などのオシャレエリアへ。
シンセンに日本の物を買って帰りたいな〜という事で
このエリアを紹介してもらったんだけど香港以上の品揃えexclamation
ただ物価は少し高いかな〜。香港で買えない物中心にお買物。
日本でひいきにしていたコーヒー豆まで売ってるのを見たときは感動exclamation×2

荷物が両手いっぱいになった後は
台湾最後のディナーを食べに中山駅の《山崎日本料理》へ
シンセンで暮らすようになってから
各旅先の駐在員が多く集まるお店に行くのが我が家の恒例
S__671746.jpg
ここも前に駐在していた友達に教えてもらったから間違いなし!
しかも予約までしてくれた。ありがとう!
今回はコースでお願いしましたが魚介を中心に繊細なお料理が色々出て来ましたレストラン
お刺身はもちろんだけど焼き筍美味しかったな〜

5日目
台北13:25発

あっという間の5日間。
夫と楽しすぎてまた来月も行く?なんていいながらの帰国でした。
次はいつになるか分らないけどまた遊びに行きたいわん

さ〜そろそろ現実に戻って再びシンセン暮らしです!
またよろしくお願いします
posted by 灰 太郎 at 17:36| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。